Top >  入学祝い関連 >  入学祝いなどでメッセージを贈る場合

入学祝いなどでメッセージを贈る場合

入学祝いなどで、メッセージを贈る場合には、必ず手紙を自筆で書くようにしましょう。
短い文章で構いませんから、一文字一文字を丁寧にしたためていけば、受け取った子供さんにとって世界にたった一つしかない、思い出に残るお祝いの手紙になるはずです。
手紙を書き終わったら、しっかり封筒に入れなければなりません。
お祝いのメッセージを贈る時は、白い無地の封筒を使うようにしましょう。
茶封筒などは、主に仕事上の事務的なものに用いられるものですから、お祝いの手紙を贈る時などには不適切です。
清潔なイメージを与えるものを選びましょう。
白い封筒でも、一重のものと二重のものがあります。
入学祝いには、どちらを使っても支障はありませんが、二重にしたほうが丁寧さを感じさせます。
なお、手紙も封筒も縦書きにしましょう。
横書きでは軽薄な感じに取られることもありますから、目上の人や高齢者の方に出す時は、特に気を付けましょう。

 <  前の記事 お祝いメッセージはやっぱり手紙で  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3577

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「どうする?入学祝い」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。