Top >  入学祝い関連 >  手紙の基本的な構成について

手紙の基本的な構成について

1)前文
 ●頭語
  書き出しの語句です。
  「拝啓」「謹啓」などを用います。
  「前略」は前文を省く時に使用する言葉ですから、目上の人に使うと失礼になります。
 ●時候の挨拶
  季節を感じさせる文章を自分の言葉で書きましょう。
  改行せず頭語の下に一字空けて書いて下さい。
 ●安否の挨拶
  先方の安否を気遣います。
  入学祝いのお礼なども書いて下さい。
2)中文
 ●起語
  「さて」「ところで」など、前文と本文をスムーズにつなげる語句を改行して一字下げて書いて下さい。
 ●本文
  手紙の重要な部分です。
  用件やお礼の心情を丁寧に表しましょう。
3)末文
 ●結びの挨拶
  「取りいそぎ」「ご報告まで」など本文を締めくくるための語句を改行して一字下げて書いて下さい。
 ●結語
  頭語に対応した〆の語句になります。
4)後付
 ●日付
  改行して本文より2~3字下げて、月日を書きます。
 ●差出人名
  改行してフルネームで書きましょう。
 ●宛名
  改行して、先方の名前に様を付けて書きます。
⑤副文
  副文が必要であれば「追伸」「二伸」などの語句を添えて、2~3行にまとめて下さい。

 <  前の記事 手紙の重要性  |  トップページ  |  次の記事 お祝いメッセージはやっぱり手紙で  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3575

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「どうする?入学祝い」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。