Top >  入学祝い関連 >  熨斗袋の由来

熨斗袋の由来

熨斗袋を用いるのが、入学祝いで現金を包む時のマナーです。
ちなみに「のしあわび」と言うのが、熨斗の正式な呼び方です。
古くから食べられてきた「あわび」は、すごく美味しいものです。
乾燥させれば保存食になるのですが、あまりにも希少価値が高かったので、高級贈答品として扱われるようになったそうです。
現在の「のし」という名称は、あわびを保存食にする際の「伸す」という作業工程が由来とされています。
その後、形だけが残されて贈り物をする時の「印」となり、「飾り」へと変遷して、熨斗を添えるという作法が定着したと言われています。
作法といっても、基礎になることだけをしっかり把握しておけば、全然難しいものではありません。
マナーを習得すれば、社会人として笑われるようなこともありませんよ。
入学祝いだけに限らず、人生において役立つことですから、きっちり基礎を勉強しましょう。

 <  前の記事 女子大生に相応しいお祝いの品  |  トップページ  |  次の記事 熨斗袋を準備する手順  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3572

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「どうする?入学祝い」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。