Top >  入学祝いを贈る場合 >  熨斗袋を準備する手順

熨斗袋を準備する手順

ここでは、熨斗袋に関する作法について紹介させていただきます。
覚えておいて、損することはありません。
<熨斗袋を準備する手順>
1)外包の折り方
 中包みを線の中央に置き、まず左を折り、次に右を折り、下側を上側にかぶせます。
2)表書き
入学祝いの場合には「入学御祝」などと書いて下さい。
毛筆か筆ペンを使用しましょう。
3)中袋の書き方
中袋があるものとないものがあります。
中袋がある場合は、中袋に金額、住所、氏名を書いて下さい。
4)水引
蝶結びを用います。
紅白や金銀の蝶結びは、何回繰り返されても喜ばれるお祝い事やお礼に用いられます。
なお、結びきりというのは、繰り返すことが良くないとされる結婚や弔事、全快祝いなどに使うものですから、くれぐれも間違えないように注意して下さい。
少々煩わしいと感じるかもしれませんが、以上のような手順さえ把握しておけば、心配することはありません。

 <  前の記事 熨斗袋の由来  |  トップページ  |  次の記事 手紙の重要性  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3573

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「どうする?入学祝い」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。