Top >  入学祝いとは >  入学祝いのお返しについて

入学祝いのお返しについて

入学祝いに対するお返しは必要が無いとは言うものの、親類同士の習慣があったり、子供は知らなくても親との付き合いがあったり、あまりにも高額なお祝いを貰ったような場合など、お返しの必要性に迫られてしまうこともあるでしょう。
そのような場合には、白赤の蝶結びの水引きを使い、上段に「内祝」、下段に子供の名前を書いた表書きをつけて、お返しをします。
お祝い返しには「半返し」が妥当であるとされていますが、それほどとらわれることなく、お祝いの3分の1から半分程度の範囲でお返しの金額を考えれば良いと思われます。
お返しとして贈り物を選ぶのもいいでしょうが、カタログギフトなども重宝されているようです。
祖父母や親戚、深い付き合いの知り合いなどであれば、祝宴を催して招待したり、菓子折り、名産品などを贈ることによって、感謝の気持ちを表しても良いでしょう。

 <  前の記事 入学祝いの起源  |  トップページ  |  次の記事 入学祝いを贈るべき知り合いの範囲  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3528

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「どうする?入学祝い」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。